アトピーの「かゆみ」は、生体に引き起こされた一つの「現象」です。つまり、一時的にステロイドを塗って、かゆみを抑え、皮膚が表面的に綺麗になっても、アトピーは完治しません。また繰り返します。アトピーを克服するために考えることは、「かゆみ」という体に現れた現象のみに重点をおくのではなく、 「かゆみ」がなぜ引き起こされたのかを考え、その原因(生活環境内の中にあることが多い)を取り除く努力こそが、本質的な意味での「アトピー性皮膚炎克服のための条件」ということが言えます。自分の生活環境を一番わかっているのは、あなたです。アトピーを改善・克服するためには医師まかせでなく、アトピーについて知り、原因を知り、自分の生活環境のなにがアトピーに悪いのか考え、自分にあった治療方法を探し、それを日々実践することで改善に向かいます。

■遺伝的要素

アトピーは100%遺伝するわけではありません。血のつながった家族や親族にアトピーの人がいた場合、生まれてくる子供はアトピーになりやすいと考えられえています。

■環境的要素

明治・大正時代にはなかったとされるアトピー性皮膚炎が近年、急増した原因は、環境汚染などによるもので、化学物質の氾濫や食生活の多様化、生活習慣の激変などに体の仕組みが対応できず不都合なひずみが現れたものという見解が大勢です。

■心理的要素

最近では受験や進学、就職、転勤、失恋といった
心理的なストレスでアトピーになるケースが増えています。
過去に受けた心のキズが思い出されそれが引き金となって症状が表れることもあり、
心理的要因が大きく影響しているとの説が有力です。

管理人のサイト 原付を高く売る方法ピアノ売る